健康食品のインシップ
健康コラム

2018年11月07日

PC版へ

気になる!あの食品、あの成分 ギムネマ

気になる!あの食品、あの成分 ケール

2000年の歴史を持つ「ギムネマ・シルベスタ」

ギムネマは、インドや東南アジアなど亜熱帯地域に自生するガガイモ科のつる状多年草で、学名は「ギムネマ・シルベスタ」です。原産国のインドには約2000年の歴史を持つ「アーユルヴェーダ」と呼ばれる、天然物を利用して病気の治療を行う伝承医学があります。その中でギムネマは糖尿病、利尿、健胃、強壮によいハーブとして、現在も使われ続けています。この薬をかむと砂糖の甘みがわからなくなることから、ギムネマはヒンズー語で「グルマール(砂糖を壊すもの)」という意味で呼ばれています。ギムネマに含まれる「ギムネマ酸」には、グルクロン酸というブドウ糖によく似た構造の物質が含まれ、舌の味蕾(みらい)にある味を感じる部分に結合して、その感覚を麻痺させるという仕組みがあります。

ギムネマの葉

糖の吸収を抑える「ギムネマ」

ギムネマには、血糖値の上昇を抑える働きがあります。血糖値とは、血液中に含まれるブドウ糖の量を表す数値。糖の代謝にはインスリンというホルモンを分泌しますが、糖の量が多くインスリンも大量に分泌されると、インスリンの働きが悪くなります。その結果、糖を処理しきれなくなり、食後に血糖値が急激に上昇することがあります。
ギムネマに含まれる有用成分「ギムネマ酸」は、小腸内にある糖を吸収する穴(レセプター)を塞ぐことで、その吸収をブロックし、食後の急激な血糖値の上昇を抑えてくれます。また、上昇した血糖値を下げるために膵臓から分泌されるインスリンも少しで済むため、膵臓の負担も軽減。さらに、脂質の吸収を抑える働きがあることもわかっています。

ギムネマ酸の吸収抑制作用 小腸内部の絨毛 小腸内部は、栄養を吸収する面を広くとるためにたくさんの絨毛で覆われている。ギムネマ酸は絨毛の吸収上皮でブドウ糖を運ぶ糖輸送体と結合し、ブドウ糖の吸収をブロックする。

血糖値上昇を抑制する効果 2gのショ糖のみ 上昇を抑える! 2gのショ糖+0.2gのギムネマ酸

関連商品

ギムネマ粒

参考文献:
鈴木吉彦 監修 『血糖値をしっかり下げるコツがわかる本』
岩本安彦 監修 『専門医が治す!糖尿病』

© 健康食品のインシップ
Web Design:Template-Party