健康食品のインシップ
健康コラム

2018年09月21日

PC版へ

眼科医も認める目の健康に良いルテイン講座

ルテインを知って健康に!眼科医も認める目の健康に良いルテイン講座

ルテインは天然カロテノイドの一種で、ほうれん草などの緑黄色野菜や、マリーゴールドなどの花にも存在する栄養成分です。人の体内にも存在していて、その強力な抗酸化作用が、加齢黄斑変性症など目の疾病の予防や回復に働きかけると注目されています。

眼科医の91%が目の健康に良いと認めているルテイン

ある調査機関が実施した調査結果によると、米国の眼科医の91%が、ルテインが目の健康を促進する重要な栄養素だと考えていることが明らかになりました。
ルテインは、目の黄斑部と水晶体に多く存在し、ものを見るのに重要な働きをします。
太陽光線や紫外線が活性酸素を大量に発生させて網膜を傷つけますが、ルテインを補給すると、網膜をカバーして有害光線を遮ったり吸収して活性酸素を除去してくれます。

ルテインには2種類あります。「フリー体ルテイン」は、体内に存在するものと同じ形で、摂取した後そのまま体内へ吸収。「エステル体ルテイン」は、フリー体に脂肪酸が結合されたもので、フリー体ルテインへ変化してから吸収されていきます。

途中失明の原因上位!「加齢黄斑変性症」予防にルテイン

加齢黄斑変性症とは、ものを見るのに大切な働きをする黄斑部が衰えることで、ものが歪んで見えたり、欠けたり、ぼやけたりする病気。日本人の途中失明の原因でも、上位にあげられています。
黄斑部はものを見る際に重要な網膜の中心部であるため、代謝が活発な組織で、活性酸素も多く発生します。
黄斑部の細胞が老化して老廃物や活性酸素を処理しきれなくなると、それらを吸収しようと急造の新生血管が伸び、異変が起こります。
ルテインは目に重要な成分ですが、体内では生成できず、しかも加齢とともに減少。ルテインを1日10mg摂取することで黄斑部のルテインが増えることが報告されています。

年齢に伴うルテイン量の変化 加齢に伴い減少するルテイン量


ルテイン摂取による(加齢黄斑変性患者の)黄斑色素の増加


ルテインと相性バツグン! 一緒に摂りたい成分! アントシアニン ゼアキサンチン ブルーベリーなどに含まれる青紫色の色素成分で、ポリフェノールの一種。目の毛細血管を拡張したり、血流を促進させて、疲労した目の筋肉の修復を助けます。ピントを調整する水晶体や、網膜の中心部でものを見分ける黄斑部に存在するゼアキサンチンは、ルテインと似た構造で、黄斑部のより中心に存在。ルテインと一緒に摂ることでより効果が期待できます。

関連商品

ルテイン
ブルーベリー粒
ブルーベリープレミアム

参考文献:
深作秀春 著 『スーパードクターと学ぶ一生よく見える目になろう』
葉山隆一 著 『医者がお手上げだった目の病気の次世代栄養素』

© 健康食品のインシップ
Web Design:Template-Party