健康食品のインシップ
健康コラム

2018年08月23日

PC版へ

あなたの薬多すぎませんか?

高齢者が気をつけたい あなたの薬多すぎませんか? 多すぎる薬と副作用について 高齢になるとどうしても増えてしまう薬の量。。多すぎると副作用のリスクを高めるため注意が必要です。今一度、薬との付き合い方について見直してみましょう。

高齢者に多い薬の副作用

高齢者は、多くの薬を使うと副作用が起こりやすいだけでなく、重症化しやすくなります。高齢者に起こりやすい副作用は「ふらつき・転倒」「物忘れ」などです。

高齢者は薬の数が増えている

高齢になると複数の持病を持つ人が増え、その病気の数だけ処方される薬も増加。60歳を超えると7つ以上の薬を受け取る割合が多くなります。

年齢層別の薬の数 年齢とともに薬の数が増加!


あてはまる症状ありませんか? ふらつき 転倒 うつ 排尿障害 物忘れ せん妄 便秘 食欲低下 多すぎる薬の副作用かも

薬が多いと副作用が起こりやすくなる

高齢者では、処方される薬が6つ以上になると、副作用を起こす人が増えることがわかっています。
高齢者に多い副作用の「ふらつき・転倒」では、薬を5つ以上使う高齢者の4割以上に起きているという報告もあります。

高齢者の薬との付き合い方

「多すぎる薬は減らす」ことが大切ですが、「薬を使わなくていい」ということではありません。
薬は正しく使えば病気の予防や生活の質の向上に役立ちます。いずれにせよ、かかりつけの医師に薬の量と数についてよく相談してみることが大切です。

処方された薬はきちんと使う 自己判断でやめない 使っている薬は医師や薬剤師に必ず伝える むやみに薬を欲しがらない 若い頃と同じだと思わない(高齢者には高齢者に適した処方があります) 薬は優先順位を考えて最小限に


薬と健康食品の違い 健康食品はあくまで食品の一種 健康食品の摂取で副作用を心配する方が多いですが、健康食品はあくまで食品の一種。普段の食事と同じなので、医薬品のような副作用はありません。しかし、健康食品はたくさんの栄養成分を飲みやすく凝縮しているため、その時の体調や体質によって食あたりを起こす事も。胃腸が弱っているときにサバを食べるとよくないのと同じです。その場合は、摂取を中止するか、粒数を減らして様子見。また、他の要因も考えられるため、医師や薬剤師に相談することをおすすめします。

参考文献:
日本医療研究開発機構研究費 「高齢者の多剤処方見直しのための医師・薬剤師連携ガイド作成に関する研究」
研究班、日本老年薬学会、日本老年医学会 編集 『高齢者が気を付けたい多すぎる薬と副作用』

© 健康食品のインシップ
Web Design:Template-Party